エレキベースを使った、バラード風タッピングフレーズ例(動画)

ベース科・スクールディレクター・米谷です。今回は、ベース科生徒さんがタッピング奏法に挑戦しましたので動画を撮影させてもらいました。一部演奏のコツなどもありますので、ベースをやってみたい方はぜひ見ていってください。

タッピング奏法とは?

上の記事アイキャッチ画像にあるような奏法です。通常はピックや指で弦をはじいて音を出します。それに対し、タッピング奏法では『フレットを叩いたり、押さえてる指を引っ掛けるように離したり』して、音を出します。ビリー・シーン(MR. BIG)などのレベルになると、プルやなどを組み合わせて限界まで音数を増やすことが可能です。

エレキベースを使った、バラード風タッピングフレーズ例(動画)

フレーズ例の動画がこちらです。アルペジオっぽいフレーズつくり。左手は低い音域・右手で高い音域というように割り当てます。後半のリズムが細かくなる部分では、右手中心になり、左手がアクセントが弱い高音部に移動します。

エレキベースを使った、バラード風タッピングフレーズのポイント

スライドを使って、滑らかに音程をつなぐ

右手の中指でフレットを叩いた後、矢印の方向にスライドさせて音程を変えています。バラード風のゆったりしたイメージなので、滑らかな音程変化があると、それっぽい雰囲気になりやすくなります。

鳴っていない弦の、ミュートを確実に行う

今回のケースだと、右手親指や指の腹の部分などを、E弦にちょくちょく当てているのが確認できます。音数が少ないフレーズだとあまり気にならないかもしれませんが、指を忙しく動かすのが増えると、フレーズに使っていない弦に当たって余計な音が鳴ってしまいます

右手人差し指・中指でのフレーズ演奏時は親指を使うなどして、使っていない弦のミュートを行うことにより、よりフレーズがきれいに聴こえます。『フレットラップ』などをネックの部分にまきつけてミュートする方法もあります。

ぜひ、バラードのバッキングややベースソロなどにもご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です